Posing

初心者が綴る。 初心者ゆえの駄作。 そんな、なのフェイなの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行キ着ク果テノ世界39











後ろには頬を赤らませてうつむき、ひょこひょことついてくるフェイトちゃん。
私には判らなかったけれど、『デート』という言葉はどうやら特別なものだったらしい。
言った時の、はやてちゃん達の『え!?』って顔からしても、本当に特別な…そんなもの。


「フェイトちゃん」
「はっ、はいっ!?」
「えっと、緊張してる?」
「あ…、その」


今度はしゅんとしてしまうフェイトちゃん。
なんだろう…胸が締め付けられる。
こんな風にしてるのが自分なんだって思うだけで、こう…なんていうか、そう、切なくなる。

あ。
フェイトちゃんの頭のてっぺん。
桜の花びらがのってる。


「っ!」
「じっとしてて?」
「あ…うん」


そっと手を伸ばすと、びくっと震える身体。
思わず苦笑。
だってなんだかそれは、私を警戒しているようにも見えて…。

私は花びらを取ると、「あ…っ」と気づいて顔をあげたフェイトちゃんに一度笑いかけてまた歩き出す。
なんだか私は…フェイトちゃんの一つ一つの仕草に、戸惑っているらしい。

それは間違いなく、私がフェイトちゃんに抱いていた『苛立ち』の正体。

そう…私は…


『フェイトちゃんが好き』


伝えたい。
このコに、受けとめてほしい。
強く、そう思ってる自分がいるけど…もしかしたらこれはフェイトちゃんにとって重荷なのかもしれないから、だから伝える勇気が…でない。

それが戸惑いとか、そんなので出てきて…結局私は何もできないでいる。


「あの…、ナノハ?」
「うん?」

振り返ると、「えっと、あの」とおたおたしながら言葉を探しているフェイトちゃん。


「どうしたの?」
「だから、その……」


結局フェイトちゃんの言葉は、音になる前に溜息に変わって。
伏せられた瞼が、幼さを残したその顔には不釣合いなほど儚くて。

急に不安になる私。
だから一歩距離を詰めてフェイトちゃんの前に立ち、それから、そっと手をとってみたんだ。
その手は…暖かかくて、安堵する。

見上げる視線は、『いつも』のフェイトちゃん。
正面からまっすぐ見られたら、妙にくすぐったい。
悟られたくなくて私はぼんやり思ってることを口にした。


「桜、キレイだね」
「え? う…うん…っ」

フェイトちゃんの視線が私の視線を追うように辺りを一周する。
まだまだ少ない開花した桜の花は、それでも甘酸っぱい香りを匂わせていて。
ハラハラと落ちていく花びらを眺める彼女は、とても…キレイだった。


「ナノハ…?」
「うん?」
「訊いても、いいかな?」
「うん」


視線はそのままに私に呼びかけるフェイトちゃん。
でも、その声はちょっと緊張の色を含んでいる。
何か大事な事を訊こうとしている?


「正直に、答えてね」
「なに?」


…こういう時のアタシの勘はよく当たる。
もう、前振りだけでわかったよ。訊きたいこと。

「アリシアのこと、好きだったんだよね…?」

ほら、ね。
思わず苦笑してしまう。


「…―――好きだったよ、だけどそれは…」
「そうだよね…」


私の言葉を遮るように、フェイトちゃんが呟く。
ほんの少しのため息とともに吐き出された言葉やなぜか重く感じてしまって―


「…やっぱり、アリシアのクローンだから、ナノハは無意識に重ねてしまったのかもしれないね」
「はっ?」


アリシアちゃんのクローンだから?
何それ?なんの話し?


「もう、守ってもらわなくていいよ…!ごめんね」







何を言ってるの?フェイトちゃん。





スポンサーサイト
  1. 2016/11/26(土) 00:00:00|
  2. 行キ着ク果テノ世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<行キ着ク果テノ世界40 | ホーム | 行キ着ク果テノ世界38>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://g1n2m3.blog.fc2.com/tb.php/312-a3780ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M2(エムツー)

Author:M2(エムツー)
色んな方にアドバイス頂き、書かせていただいています。
亀更新の割に中身が薄かったり、短かったりしますがご了承ください。

当サイトはリンクフリーですが、一言リンクしたことをお知らせいただけたら嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Night of a new crescent (53)
私達は愛を知らない (32)
行キ着ク果テノ世界 (66)
アレルヤ (37)
中編(アリシア&なのは) (13)
短編 (16)
リクエスト (11)
お返事 (39)
雑記 (70)
未分類 (1)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。